無農薬のお茶

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

新茶の茶摘みが進みまして、いよいよ皆様に荒茶、ほうじ茶、紅茶をお届けする準備が整いました。

無農薬・無肥料・無除草剤で育てた静岡県産の「自然栽培茶」です。

このようなオーガニックなお茶がどれくらい日本で生産されているかご存知ですか?

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”有機栽培のお茶は国内にどれくらいあるの?” ]

日本で有機栽培されたお茶は全国生産量のうちの2~3%と言われています。

かなり少ないですよね?

しかし、有機栽培のお茶には化学肥料を使っているお茶が含まれます。

「農薬も化学肥料も除草剤も使っていない」というところまで見ますと、その生産量は上記2~3%の中の1%以下です。

つまり日本に無農薬・無肥料・無除草剤のお茶は99%以下しかないのです。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”無農薬のお茶の味” ]

通常、お茶の味は「コク」という言葉で表現されることが多いです。

ところがこの「コク」、実は茶畑でアミノ酸を捲いて人工的に作られた味の場合がほとんどなのです。

わたくし自身、はじめて無農薬・無肥料のお茶を飲んだ時に驚いたのですが、自然栽培のお茶は香り立ちがよく、とてもすっきりしています。

お茶って、ちょっとした苦みや渋みがあって当然と思っていたのですが、それが嘘のようでした。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”苦み、えぐみの元凶は硝酸イオン” ]

お茶に限らず、野菜もそうなのですが苦み、えぐみの原因なっているのが硝酸イオンです。

硝酸イオンはチッソ肥料を使いすぎると農作物の中に残留します。

味だけなら問題ないかもしれませんが、硝酸イオンは発がん物質のひとつとも言われており、なるべく避けたい物質です。

その反面、無農薬・無肥料のお茶は硝酸イオンがかなり少なく、糖度、ビタミンCが通常農法のお茶より豊富なため、美味しくて健康的なのです。

[ip5_heading type=”h4″ style=”subheader–large” title=”お茶を無農薬・無肥料のものに変えてリフレッシュ” ]

お茶は一息つきたい時や食後などに飲む方が多いと思います。

実際、お茶にはちょっとした癒し、リラックス効果がありますよね。

ただ、せっかく飲むのでしたら、より安全で健康的なお茶をおすすめします。

一度、無農薬・無肥料のお茶を飲んでみると、その味が忘れられず他のお茶が飲めなくなるかもしれませんよ?

無農薬のお茶

無肥料とは

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

先日、カフェの店長さんとお話ししていたら「無農薬はわかるけど無肥料はイメージないなぁ」と仰っていたので、「無肥料」について説明しますね。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”無肥料で土を育てる” ]

植物は土で育っています。

そして土には元々、たくさんの栄養分が含まれています。

植物は体内に共生的に生活している微生物を持っていて、その微生物が土の中の栄養分を植物が吸収できる形に変えています。

この微生物は菌糸を伸ばして、植物の根よりも広い範囲から栄養分を集める働きも持っています。

しかし、肥料があると、この微生物が働かなくなってしまうのです。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”無肥料だと土はどうなるのか?” ]

肥料を与えず土を豊かにしていくと、土はやわらかく、温かく、適度な水分を保持できるようになり、微生物をはじめ多様な生き物が育ちます。

このように自然の恵みを生かしますと、肥料を与えなくても作物は成長することができ、土本来のエネルギーを引き出せるようになるのです。

土から栄養分を直接、引き出せるようになった作物は乾燥や台風などの厳しい環境に耐える強さを獲得し、生命力のある実を付けることができます。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”肥料を与えると・・・” ]

通常の農法通り、肥料を与えると土のバランスが崩れて害虫が発生します。

その害虫を駆除するために農薬を使うことになります。

害虫も農薬への抵抗力を付けてしまうので、より強い農薬が撒かれることになります。

短期的に見ますと肥料は収穫の量と早さを得ることができます。

しかし、肥料を長年使用すると土が本来の力を失い、痩せてしまうのです。

肥料を使わなくなれば、年々害虫や病気の発生を減少させることができます。

豊かな土を作ることが、生態系のバランスを守ることにつながるのです。

[ip5_heading type=”h4″ style=”subheader–large” title=”無肥料の作物があることを知ること” ]

この記事では通常の農法で育てた作物が悪いと言いたい訳ではありません。

それぞれの農家さんが工夫と苦労をしながら日々、作物を育てているからです。

大切なのは「無肥料でも作物は育つ」「無肥料で作った作物がある」と知ることだと思います。

一度、土のバランスが崩れてしまうと、それを元に戻すまでに何年間も要してしまいます。

その間、収穫ができない場合もあるのです。

その期間を乗り越えて無肥料、無農薬で育てた作物・・・その自然な味を知っておく、そちらへシフトしていくというのは悪いことではないですよね?

それではまた!

無農薬のほうじ茶を通販でお届け開始

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

Organic無農薬.netで農薬・肥料不使用のほうじ茶を入荷しました!

今日はこの「ほうじ茶」について紹介しますね。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”静岡県産・無農薬・無肥料のほうじ茶” ]

このほうじ茶の茶葉は5年以上、農薬、肥料、除草剤を一切使っていない茶畑で育てられました。

産地は静岡県。富士山を望む絶景の茶畑です。

今年1月にこちらの茶畑を訪ねました。

画像中央より少し左に富士山が映っています。見えるかな??

普段、見られない雄大な景色にこころが洗われます。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”この広大な茶畑を一人で管理しています。” ]

こちらの茶畑を管理しているのがパートナーの生越さん。

生越さんは広大な8つの茶畑を新茶摘みで忙しい時期を除いて、一人で管理しています。

一つの茶畑がどれぐらいの広さなのかというと・・・

これぐらいの広大さです!

写真で見るとわかりますが、かなりの急斜面に茶畑があるのです。

この茶畑の一番上まで車で連れて行ってもらったのですが、凄まじいアップダウン。

毎日のことなので生越さんは手慣れた運転のようでしたが・・・わたくしは「車でこの斜面上がるんですがあ゛ぁぁΣ(゚口゚;)」と驚きです。

生越さんの仕事はこの茶畑で「雑草を手を使って摘む」ことだけです。

農薬、肥料、除草剤を使っていない茶畑は生える雑草、出る虫も通常の茶畑と違うそう。

「人が場所をお借りしてるんです。ここでお茶の木の面倒を見ている時が一番いいんですよねぇ。」

と仰っていたのが印象的でした。

それにしてもこの茶畑を一人で面倒見るのは大変そう。

困っていることとかはないですか?と聞くと・・・

「時々、イノシシが茶畑で穴掘っちゃうんで、困るのはそれぐらいかなぁ」

・・・なんだか悩みの次元が違います。。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”どうして農薬と肥料を使わずにお茶を育てるようになったのか?” ]

生越さんの場合は学生時代にボランティアで有機農法の農家を手伝ったのがきっかけ。

その中で「お茶は余計なものを加えなくても育つ」ということを学び、農薬、肥料、除草剤を一切使わずにお茶を育てるようになったそうです。

農薬、肥料、除草剤を使わない場合、通常の農法と比べたら収穫量が6割から7割に落ちます。

しかしその分、土と茶の木が純粋で健康的になるのです。

[ip5_heading type=”h4″ style=”subheader–large” title=”とてもすっきりした味わいのほうじ茶” ]

こちらが紹介した茶畑でつくったほうじ茶です。

飲ませていただいたのですが、とてもすっきりしていて透き通った味わいです。

渋みや苦みを感じないのでゴクゴク飲めます。

「これが余計なものが一切入っていない、ほうじ茶の味なのかΣ(゚口゚)ウマイッ!」

今回2度目の驚きです。

[ip5_heading type=”h5″ style=”subheader–large” title=”このほうじ茶を期間限定で入荷しました” ]

新茶を摘むのは6月頃になるので、本来、販売開始は6月以降になる予定でした。

しかし、早くこの茶畑のお茶を飲んでいただきたかったので、少しだけ残っていたほうじ茶の在庫を今回、特別にわけていただきました。

在庫に限りがあるので気になる方は早めに飲んでみてくださいね。

まだ寒い日も続きますし、今の時期にほうじ茶はぴったりです。

今回の在庫が終了した場合、次回入荷は6月以降になります。

【期間限定品】無農薬・無肥料のお茶「静岡県産・ほうじ茶」はこちら

それではまた!

無農薬・無肥料のお米からつくった日本酒「徳のさけ ありがとう」

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

今日は日本酒「徳のさけ ありがとう」についてのお話です。

オーガニック食品というと野菜やお米を思い浮かべるかもしれませんね。

ですが、わたしたちが最初につくったのは、なんと「日本酒」なのです。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”なぜオーガニックな日本酒なのか?” ]

戦後、醸造アルコールと添加物で味を整えた日本酒が大量に出回りました。

「酒は百薬の長」とも言われますが、添加物だらけのお酒がカラダにいいはずありません。

この頃のお酒が「悪酔いする」「まずい」「親父くさい」という日本酒のイメージをつくってしまいました。

現在は技術の発達もあって美味しい地酒がたくさん手に入りますし、日本食ブームの人気も手伝って日本酒が海外でも親しまれています。

長年低迷して来た日本酒が再び見直されつつあるのです。

そんな時だからこそ、わたしたちは自信をもって紹介できる「お米づくりからこだわった美味しくてカラダにやさしい日本人のお酒」をつくろうと思ったのです。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”木村式自然栽培でお米をつくりました” ]

映画化もされ「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則さん。

木村さんが発案した無農薬、無肥料の栽培方法を「木村式自然栽培」といいます。

わたしたちはその自然栽培でお米「山田錦」と「あけぼの」をつくりました。

どちらも日本酒づくりに適したお米です。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”お米の産地は徳島県・吉野川流域” ]

お米の産地は徳島県の吉野川流域。

「日本一の清流」と呼ばれるほど、吉野川はきれいな清流として知られています。

徳島県・阿波の国は神話に出てくる「農業の神様 オオゲツヒメ」の国でもありますし、その地でお米をつくるのは何か感慨深いものを感じます。

農薬を使わない田んぼにはカマキリもいたりします。

「人が場所をお借りしている」という立場を忘れてはいけませんよね。

↑カマキリがどこにいるかわかりますか?探してみてくださいね。

[ip5_heading type=”h4″ style=”subheader–large” title=”鳴門鯛で有名な本家松浦酒造で日本酒に” ]

1804年創業の老舗、本家松浦酒造さんで山田錦とあけぼのを日本酒にしていただきました。

吉野川流域にある本家松浦酒造さんは江戸時代から平成まで酒造り一筋で生き抜いてきた蔵元さんです。

悠久の歴史のなかで育まれた固有の酵母菌と酒母は無農薬・無肥料のお米に新たな命を吹き込みました。

こうして「純米酒 徳のさけ ありがとう」は誕生したのです。

色を透明にし、香味を調整するための濾過を行わず、アルコール度数を下げるための水割りもしない、自然そのままお酒です。

徳島県産・日本酒「ありがとう」はこちらです。

オーガニック食品研究所の管理人・自己紹介

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

こちらは「オーガニック食品の通販・Organic無農薬.net」の情報発信サイトです。

日本に少しでもオーガニックを広めていくため、こちらのブログも頑張って更新していきますね。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”オーガニック食品研究所について” ]

研究所というと難しいように感じるかもしれませんが、構えないでくださいね(^^)

もちろん「オーガニックはなぜよいのか?」「オーガニックはどこが優れているのか」ということは伝えていきたいと思っています。

ですが、それだけだと専門的なお話と、農薬・添加物の危険性を訴える記事ばかりになってしまうのかな?と感じています。

それよりもわたくしはこの記事を読んでくださっているあなたに「オーガニックはもっと身近なもの」ということを感じて欲しいと思っています。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”オーガニックは本来、身近なもの” ]

日本ではオーガニックというと「何か特別なこと」と捉えられ勝ちです。

ですが少し考えてみますと日本も100年前までは、ほぼすべてがオーガニックだったと言うことができます。

「より便利に」を追い求めすぎたあまり、現代のわたしたちは「自分のカラダへの気づかい」「食べもの本来の味」を忘れているのです。

そう考えると「オーガニックとは本来の姿に戻ること」ともいえます。

「不安に感じることもたくさんある時代だからこそ、食べるものを見つめなおして欲しい」

それが願いです。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”生産者の声を届けたい” ]

わたくしは農薬・肥料不使用にこだわっている生産者さんとお話しする機会がたくさんあります。

生産者さんから感じるのは決して肩に力が入った感じではなく「安全でおいしいものを作りたい」という純粋な気もちです。

農業は大変なお仕事ですが、みなさん活き活きとしています。

その様子と声をこのブログで少しでも多くの方に紹介していけたらと思っています。

オーガニックは「安全で健康で楽しいもの」なのです。

それではこれからよろしくお願いします。