ビタミン補給はクールのロセラティーで

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

まだ5月だというのに暑い日が続きますね。

既に30度を越える暑さ・・・バテます。

水分補給はもちろんですが、実は夏こそビタミンCを意識して摂ることが大切です。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”夏はビタミンC不足になりがち” ]

夏は暑さと紫外線の影響で通常よりもビタミンCが多く消費されます。

これだけでもビタミンCが不足気味になるのですが、夏は食事でビタミンCを摂るのも大変。

なぜならビタミンCを多く含む果物、野菜の旬は冬が多く、食欲自体も夏は落ちやすいからです。

そのため夏バテしないよう、暑い時期は意識してビタミンCを多く摂る必要があります。

そこでオーガニック食品研究所がおすすめしたいのがロセラティーです。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”クールでロセラティーを飲んで効率よくビタミンCと水分を補給” ]

ロセラティーは100g当たりのビタミンCの量がレモンの4倍。

味もすっきり爽やかで飲みやすく、夏のビタミンCと水分補給にぴったりです。

他にもビタミンA・B1、B2、アントシアニン、ポリフェノールなどの栄養が豊富なので、ロセラティーは夏バテ対策にもなります。

水出し麦茶に使うポットでロセラティーを作り、冷やして飲むのがおすすめです。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”ロセラティーはノンカフェイン” ]

ロセラティーは他のお茶と違いノンカフェインなのでお子さま、お年寄りでも安心です。

お子さまが飲む場合はハチミツかガムシロップを混ぜてあげると飲みやすくなります。

 

例年通り、今年も猛暑がやって来そうなので、ロセラティーでビタミンCと水分を補給しながら元気に夏を過ごしていきましょう。

ビタミンCがいっぱい「ロセラティー」

バリ島クサンバの塩

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

インドネシアというとバリが観光地として有名ですが、今回はまさにそのバリで取れるお塩のお話。

当サイトで紹介したロセラティーとココナッツシュガーもインドネシア産ですが、こうして見るとインドネシアは自然食品・天然食品の宝庫ですね。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”バリ島クサンバの塩” ]

こちらがバリ島、クサンバ。

この海岸に塩田があります。

塩の作り方は単純明快。

「海水を汲んで干す」

100%天然の塩です。

天候と相談しながら丁寧に海水を干していきます。

実はこのクサンバの塩、知る人ぞ知る美味しい塩で、「世界一の塩」とも言われています。

塩なのでもちろんしょっぱいですが、ほんのりした甘みがあり、深みを感じます。

このクサンバの塩はおにぎりや天ぷらにも相性ぴったり。

お蕎麦をこの塩で食べるのもおすすめです。

他にも何か合うものがあるかな?ということで・・・

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”ロセラティー塩を作ってみました。” ]

同じインドネシア産のロセラハーブティーを粉末パウダーにしてクサンバの塩に混ぜてみました。

するとクサンバの塩が桜の季節にも合うピンク色に。

サラダにかけるとこんな感じ。

色鮮やかで美味しかったですよ。

これは「ロセラソルト(Rosella Salt)」と呼んでも良さそうです。

ロセラソルトは商品化未定ですが、「ロセラハーブティーのロセラはこんな使い方もできるよ~」ということで紹介してみました。

そのまま飲んでもカラダにいいロセラハーブティーですが、ジャムにしたり塩に混ぜたり、いろんな使い方ができますね。

・無農薬のハイビスカスティー・ロセラハーブティーはこちら

 

ロセラティーのロセラが今年も元気に育っています。

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

ロセラティーのロセラですが、今年も元気にインドネシアで育っています。

「Rosalido2 Organik」と書いてある白い札がロセラの畑に立っていました。

なんだか表札みたいで可愛いですよね。

札の内容はもちろん「オーガニックなロセラ」という意味ですよ。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”ロセラティーのハイビスカスの花” ]

こちらがロセラのお花。

ピンク色の部分が花びらです。

お利口さんなお花なので朝しか花びらを開きません。

夜は完全に花が閉じて寝ちゃうそう。

人と同じですね~、お花だって眠るのです。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”ロセラティーは花を包んでいる周りの濃い紅色の萼が原料” ]

上の写真のお花の部分が落ちると「萼(がく)」が残ります。

この萼がロセラティーの原料です。

 

ロセラの畑はきれいですね~。

元気いっぱいに真っ直ぐ天に向かって育っています。

現地インドネシアの生産者の方々も「ロセラティーを日本でたくさん飲んで欲しい」と仰っています。

ビタミンCとアントシアニンが豊富なのでたくさん飲んでくださいね。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”ロセラティーの味は爽やかな酸味が特徴” ]

ロセラティーは爽やかな酸味が特徴です。

この味はビタミンCが豊富なので出る酸味です。

ロセラティーが初めてでこの酸味に慣れない場合は、はちみつかガムシロップを混ぜるのがおすすめ・・・といつも案内して来たのですが、せっかくの無農薬・無肥料のロセラティーに添加物が入っている砂糖を混ぜてしまうと意味が半減してしまうな~とこれまで思ってきました。

そこで朗報です。

[ip5_heading type=”h4″ style=”subheader–large” title=”無農薬のロセラティーにぴったりのココナッツシュガーを見つけました” ]

もちろん、このココナッツシュガーも無農薬の天然物です。

少し舐めてみて「おいしい!」とつい口に出てしまいました。

ロセラティーにも混ぜて飲んでみましたが、相性が良く、これならロセラティーの酸味が得意でなかった方におすすめできます。

もちろんコーヒー等にも使えるココナッツシュガーです。

次回はこのココナッツシュガーについてお送りしますね。

お楽しみに!

・ロセラティーの通販はこちらから

 

無農薬のロゼラティー「ロセラハーブティー」

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

前回の記事でロゼラティーの特徴や飲み方について説明しました。

今回はOrganic無農薬.netがロゼラティーを「ロセラハーブティー」と呼ぶ理由についてお話しします。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”無農薬・有機栽培で育てたロゼラティー” ]

Organic無農薬.netで販売しているロゼラティーは無農薬で栽培されています。

本国、インドネシアでも無農薬でロゼラを栽培している農家は3軒程度しかありません。

それぐらい珍しく、現在では貴重なロゼラなのです。

「無農薬で栽培している農地を10ヘクタール所有している」という証明書もいただいております。

こちらがロゼラを栽培している農家の方たち。

インドネシアでも農薬を使わずに作物をつくろうという農家さんがいるのは嬉しいですよね。

日本でもインドネシアでも生産者さんたちの笑顔は素敵です。

ロゼラも元気よく育っています。

このロゼラティーが無農薬で栽培された特別なもの、そして古代エジプト人が「ハーブティー」として飲んでいたと言われていること。

その意味を込めてOrganic無農薬.netではロゼラティーを「ロセラハーブティー」と名付けました。

このロセラハーブティーのビタミンCの含有量は抜群です。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”ロセラハーブティーのビタミンCはオレンジよりも高い” ]

こちらはロセラハーブティーの成分を分析していただいた結果です。

2016年10月に発行されたもの。

この分析表によりますと「ビタミンCがロセラ100gあたりに約203mg」含まれていたということになります。

表の一番上の項目です。

一般的にオレンジで100gあたり40~50mg、キウイで70~100mgのビタミン含有量と言われていますのでロセラの凄さが際立ちますよね。

この健康的なロセラハーブティーを少しでも広めるため、頑張っていこうと思います。

実はインドネシア大使館のご協力でCM動画もつくってもらいました。

毎日飲んで健康維持に役立ててくださいね。

ロセラハーブティーはこちらです

ロゼラティーを通販でお届けしてます。

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

今日はOrganic無農薬.netで販売中のロセラハーブティーについて。

一般的にはロゼラティー、ロセラティーとも呼ばれています。

今回の記事では一番、親しまれていそうなロゼラティーという呼び方でお伝えします。

※既にロゼラティーをご存知の方はこちらからご購入いただけます。

ロゼラティーの通販はこちらから

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”ロゼラティーとは” ]

ロゼラはインドネシアのジャワ島などで栽培されているハイビスカスの一種で、その萼(がく)を乾燥させたものがロゼラティーです。

もともとは茎から繊維を取るために栽培され、黄麻布の袋に使用されてきました。

やがてロセラの萼に優れた効果があることが明らかになり、新たに食品として開発が進められてきました。

インドネシアでは健康茶として親しまれており、インドネシアの女子土産としても定着しています。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”ロゼラティーの特徴” ]

ロゼラの萼の抽出物はビタミン・アミノ酸類等の栄養素が豊富。

なかでもビタミンCとアントシアニンの含有量が多いのが特徴です。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”ロゼラティーの作り方・飲み方” ]

ロゼラティーの入れ方はとてもかんたんです。

ホットの場合

1・カップにロセラの萼を1~2コ入れます。

2・お湯を注ぎます。

3・1~2分待てばできあがり。

 

クールの場合

ロセラの萼を280mℓペットボトルに2コ入れ、水道水またはミネラルウォーターを注ぎ、フタをして1~2時間、紅色になったら飲み頃です。

2ℓペットボトルの場合は額を8~10コ入れ、3~5時間でできあがり。

抽出後は冷蔵庫に保存して、早めに飲んでください。

お好みで砂糖・ハチミツを加えれば甘酸っぱいインドネシアの味をお楽しみいただけます。

 

次回はなぜOrganic無農薬.netがロゼラティーを「ロセラハーブティー」と呼ぶのかお伝えしますね。

ロゼラティー(ロセラハーブティー)はこちら