Organic Garden~美味しい関係~リニューアル!!

3月も半ばを過ぎ、少しづつ暖かくなってきました。
お花見の季節がやってくるのが待ち遠しいですが
弊社JP酒販ではOrganic Gardenをより盛り上げるべく
先月より一ヶ月ほど、様々な媒体でリニューアルを行ってまいりました。

HP→https://munoyaku.net/
はもちろんのこと

Instagram→https://www.instagram.com/organicgarden_japan
Twitter→https://twitter.com/munoyaku_net
Facebookページ→https://www.facebook.com/OrganicGardenjapan

上記3つのSNSにこのブログ・・・・と全ての媒体のテーマを統一し、多くの皆様に見やすく楽しんでいただけるような状態にしております。

リニューアル記念といたしまして、Organic Garden~美味しい関係~では、大変ご好評いただいている「徳の酒 たいしょう」を更に多くの方に知っていただくため、第一弾試飲キャンペーンといたしまして、飲食店や酒屋や業者の方向けに興味があるけど飲んでみたいという思いにお応えして、ご連絡頂いた方から
先着でたいしょうの試飲に伺わせていただきます。

いずれは一般の皆様にも多くお楽しみいただければと考えておりますが、それまで待てないという方は、、、、ぜひ

こちらをご覧ください。

※原則として都内近郊に限りますが・・・

期限はなく気になりましたらぜひとも下記までごお気軽にご連絡ください↓
MAIL:info@jpsyuhan.com

皆様のご連絡お待ちしております!!

たいしょうの商品紹介

純米大吟醸 徳の酒 『たいしょう』 720ml (生産数808本だけの限定商品)
商品コード: TAISHO001
価格: 4,444 円(税込)
・無農薬・無肥料のお米を100%使用した純米大吟醸

・原材料名/米(徳島県産)、米麹(徳島県産米)

・使用米:山田錦100%

・精米歩合:40%

・アルコール分:16%

・容器:瓶

・内容量:720ml

・未成年者の飲酒は法律で禁じられています。

・健康の為飲みすぎには注意しましょう。

・妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響する恐れがありますので、 気をつけましょう。開栓後は冷蔵保管にて、お早めにお飲みください。

Tokunosake TAISHO
(Pure Rice Wine)

From 100% pure rice Yamadanishiki naturally cultivated with no use of fertilizer, pesticide, herbicide.
Degree of rice polishing:40%
Alcohol Content:16%
Origin:Tokushima, Japan
Size:720ml/bottle

自然栽培米~無農薬・無肥料のお米

こんにちは。オーガニック食品研究所です。

スーパーやデパートなどのお米売り場で見かけたこともあると思いますが、最近は「有機」「無農薬」と袋に記載されているお米が徐々に増えて来ています。

生産者の方々は「少しでも良いものを・・・」という思いで頑張っておられます。

消費者側もお米は日本人の主食ですから安心・安全で美味しいものを選びたいですよね。

そこで今日はお米の中でも特におすすめしたい自然栽培米のお話です。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”自然栽培米とは” ]

有機、無農薬と聞くと「なんか良さそう・・・」というイメージがあると思います。

もちろん通常の農法で育てたお米より健康的なのですが、有機、無農薬のお米には国に認められた範囲で化学肥料を使っているものが含まれます。

この化学肥料の中に日本では「安全」と認められていても、海外では認められていない化学肥料が含まれます。

日本はオーガニック後進国のため、オーガニック先進国と比べたら認められている化学肥料がまだまだ多いのです。

そのため、「無農薬」「有機」と記載されていても必ずしも安全とは言い切れないのが現状です。

では「自然栽培米」とはどんなものなのでしょう。

自然栽培は農薬はもちろん、あらゆる化学合成肥料、除草剤を使いません。

土と微生物のエネルギーを最大限に生かして農作物を育てるのが自然栽培なのです。

一般的に自然栽培は通常の農法と比べたら収穫量が6割~7割に減ると言われています。

収穫量が減り、耕作の手間もかかりますがその分、健康的で安全な農作物が育ちます。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”お米を買う時に何と表記されているものを選べばよいのか” ]

ここで疑問を感じると思うのですが、それではお米を買う時に何と書いてあるものを選べばよいのでしょうか。

現状、判断材料となるのは以下の文言です。

・無農薬、無肥料、無除草剤

・農薬、肥料不使用

・自然栽培

これらの言葉を注意して探してみましょう。

もちろん「有機」と書いてあっても無肥料という部分までこだわって生産されているお米はありますので、その場合は生産者等のホームページなどで確認するといいです。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”自然栽培米の味はどうなのか?” ]

安心・安全と言っても美味しくなかったら食べたくないですよね。

ですが、安心してください。

自然栽培のお米は美味しいです。

一口食べるだけでその違いがわかります。

通常のお米より口に旨みが広がって、噛みごたえも良く、炊き具合にもよりますが、べちゃっとした感じがしません。

味の面でも自然栽培のお米はおすすめできます。

お米は日本人の主食。

是非、安心して食べられる美味しいお米を選んでくださいね。

・徳島県産の自然栽培米

 

父の日に日本酒をプレゼント

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

4月も下旬、これからゴールデウィークを迎えるわけですが、ゴールデンウィークが終わるとあっという間に「母の日」、そして次は「父の日」がやって来ます。

日頃の感謝の気持ちを込めて毎年「何をあげようかな~?」と悩む訳ですが、お酒が好きなお父さんなら日本酒は喜ばれます。

日本酒には銘酒がたくさんあるので定番をあげても良いですが、知らない日本酒をあげても「ほほう、これは飲んだことないな。楽しみだ。」となって喜ばれたりします。

そこで提案したいのはもちろんこれです。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”無農薬・無肥料のお米から作った日本酒「ありがとう」” ]

この日本酒の最大の特徴は無農薬・無肥料、奇跡のリンゴの木村式自然栽培で作ったお米を原料としているところです。

余計な物がいっさい混ざっておらず、残留農薬も全く検出されなかった健康的な日本酒です。

せっかくプレゼントするなら体にいいものを贈りたいですよね。

しかもお酒の銘柄自体が「ありがとう」なのでプレゼントにぴったりです。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”味もしっかり本格的な日本酒” ]

気になる日本酒「ありがとう」の味ですがオーガニックな日本酒なのに本格的な味に仕上がっていて、濃い味の料理にも合います。

醸造した蔵は徳島県の本家松浦酒造場。

本家松浦酒造場はロンドン開催、世界最大級ワインコンテスト「IWC2015」の日本酒部門で金賞を受賞したこともある老舗の蔵元さんです。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”日本酒「ありがとう」の話題で会話も弾む” ]

ここまでお話させていただいたように、日本酒「ありがとう」には個性が詰まっています。

プレゼントした時にこの日本酒について軽く説明すると会話が弾んだりするかもしれませんね。

せっかくなので一緒に飲んでしまうのも良いです(笑)

わたくしも今年の父の日は日本酒「ありがとう」を贈ります。

それではまた(*゚▽゚)ノ

・父の日に日本酒をプレゼント

ロセラティーのロセラが今年も元気に育っています。

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

ロセラティーのロセラですが、今年も元気にインドネシアで育っています。

「Rosalido2 Organik」と書いてある白い札がロセラの畑に立っていました。

なんだか表札みたいで可愛いですよね。

札の内容はもちろん「オーガニックなロセラ」という意味ですよ。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”ロセラティーのハイビスカスの花” ]

こちらがロセラのお花。

ピンク色の部分が花びらです。

お利口さんなお花なので朝しか花びらを開きません。

夜は完全に花が閉じて寝ちゃうそう。

人と同じですね~、お花だって眠るのです。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”ロセラティーは花を包んでいる周りの濃い紅色の萼が原料” ]

上の写真のお花の部分が落ちると「萼(がく)」が残ります。

この萼がロセラティーの原料です。

 

ロセラの畑はきれいですね~。

元気いっぱいに真っ直ぐ天に向かって育っています。

現地インドネシアの生産者の方々も「ロセラティーを日本でたくさん飲んで欲しい」と仰っています。

ビタミンCとアントシアニンが豊富なのでたくさん飲んでくださいね。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”ロセラティーの味は爽やかな酸味が特徴” ]

ロセラティーは爽やかな酸味が特徴です。

この味はビタミンCが豊富なので出る酸味です。

ロセラティーが初めてでこの酸味に慣れない場合は、はちみつかガムシロップを混ぜるのがおすすめ・・・といつも案内して来たのですが、せっかくの無農薬・無肥料のロセラティーに添加物が入っている砂糖を混ぜてしまうと意味が半減してしまうな~とこれまで思ってきました。

そこで朗報です。

[ip5_heading type=”h4″ style=”subheader–large” title=”無農薬のロセラティーにぴったりのココナッツシュガーを見つけました” ]

もちろん、このココナッツシュガーも無農薬の天然物です。

少し舐めてみて「おいしい!」とつい口に出てしまいました。

ロセラティーにも混ぜて飲んでみましたが、相性が良く、これならロセラティーの酸味が得意でなかった方におすすめできます。

もちろんコーヒー等にも使えるココナッツシュガーです。

次回はこのココナッツシュガーについてお送りしますね。

お楽しみに!

・ロセラティーの通販はこちらから

 

FOODEX JAPAN2017に行って来ました。

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

3月7日(火)~10日(金)に幕張メッセで開催されていた国際食品・飲料展「FOODEX JAPAN2017」に行ってきました。

FOODEX JAPANは国内外併せて79の国・地域から3,250社以上が集合するアジア最大級の食品・飲料展示会です。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”国内外から食品が大集合” ]

会場内は撮影禁止でしたので写真で様子をお伝えできないのが残念なのですが、日本全国、そして世界各地から食品・飲料が大集合。

来場者は試食・試飲もできます。

出展者・出展企業と来場者の交流も盛んで、会場からは熱気を感じました。

味を確かめながらですし、美味しかったり、コンセプトが近かったりすると自然と会話も弾みます。

気になった出展者さんとは名刺交換もしましたし、もしかしたらOrganic無農薬.netで紹介できる日があるかもしれませんね。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”オーガニックは世界で広がっている” ]

海外ブースを見ているとやはり「Organic」という文字が目に飛び込んできます。

ワイン、コーヒー、紅茶、お菓子など。

日本人が思っている以上に世界的にはオーガニックへの意識が高まっているのでしょうね。

日本で「オーガニック」というと、なんとなくのイメージで「良さそう」「健康的」とか、逆に「面倒くさそう」「意味ない」などの意見を見かけることもあります。

ですが、海外ではオーガニックが、いちいち考えるまでもなく当然のものとして既に存在している印象を受けました。

この流れは近い将来、日本にも浸透する可能性はありますよね。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”日本にオーガニックが少ない訳じゃありません” ]

かと言ってFOODEX JAPAN2017の国内ブースにオーガニックな食品が少ない訳ではありませんでした。

この展示会では「有機」「自然」「天然」「無農薬」という文字を予想していたより頻繁に目にすることができました。

それは裏を返せば、「いいもの」を作っている生産者・企業は増えて来ているものの、まだまだ世間にそれが広まっていないということかもしれません。

チャンスがあれば来年FOODEX JAPAN2018にはOrganic無農薬.netも出展して日本酒「ありがとう」や焼酎「もったいない」、お茶、お米をたくさんの方に紹介できたらなと思います。

FOODEX JAPANが気になった方は以下の公式ページと公式facebookをご覧いただくと、雰囲気がわかるかもしれません。

http://www.jma.or.jp/foodex/

https://www.facebook.com/Foodex-Japan

それではまた!