日本酒って何?

静かな日本酒ブームと言われている昨今、その在り方も多様になりつつある中で

今一度日本酒とはなんなのか?ここで知って頂く機会を設けさせて頂きました。

今回より、週二回投稿にてお送りする「自然と酒のこぼれ話」

どうぞ、お楽しみくださいませ。

■はじめ お酒とは?

お酒の定義は「アルコールが含まれる液体」とされます。対象とされるアルコールはエチルアルコール(エタノール)を指し、酒税法第2条1項はアルコール成分が1度以上のものがお酒と言われます。

 

お酒の種類は大きく分けて3種類。

・日本酒・ビール・ワイン等、原料と酵素を用いた発酵で造られた醸造酒

・焼酎・ウィスキーやブランデー等、発酵後蒸留させて造られた蒸留酒

・既に醸造した酒類に素材を混合させた混成酒の3種になります。

その中で日本酒は「醸造酒」に該当し、酒税法3条7項では米・米麹・水を原料とし、発酵させて漉したもの事を指します。

 

・日本のお酒の歴史は?

日本国内の酒類で最古からその存在が確認されているのは「口噛み酒(くちかみさけ)」や「八塩折之酒(やしおおりのさけ)」と言われております。

日本朝廷が造り始めた記述があるのは689年、その流れから当時の宮内省には造酒司(さけのつかさ)に酒部(さけべ)という役職が生まれました。

 

日本酒はどうやって作るの?

・工程

精米したお米を蒸し、水と麹を混ぜで発酵させたものをろ過させ、味を整えます。

発酵の仕方

・日本酒の発酵の麹による「糖化」、酵母による「発酵」を同じ樽で行う並行複発酵

・ビール・・・糖化と発酵を別のタンクで行う単行複発酵

・ワインは発酵のみの単発酵で行われます。

 

酒米の種類

私たちの口にするお米は食用米と言われ、日本酒になるお米は酒米(酒造好適米)と呼ばれています。様々な点から食用米とは異なる特徴があります。

代表的な酒造好適米は「山田錦(やまだにしき)」を筆頭に「五百万石(ごひゃくまんごく)」や「美山錦(みやまにしき)」

酒造好適米 山田錦
酒造好適米 山田錦
  1. 粒の大きさが食用米よりも大きい

食用米と異なり、日本酒製造の工程上白米から50%以上精米(お米を削る作業)することも多く、食用米では崩れてしまうことが多いが、酒造好適米の粒は大きい為その心配が少ない。

  1. 心白が大きい

お米の構造には白い芯の部分があり、心白(しんぱく)と呼びます。

この部分、醸造には重要な位置を締め酒米の心白が大きいほどお酒造りには向いています。

 

・よく聞く大吟醸って何を指す言葉?

巷でよく日本酒にまつわる話で大吟醸や吟醸、純米大吟醸よく聞きますが

以下のような段階で分類されます。

 

・吟醸・・・精米歩合60%以下

・大吟醸・・・精米歩合50%以下

 

※精米歩合とは、玄米から換算してお米をどれだけ精米したかで決定し、40%以上削ったものを精米歩合60%といいます。普段食べている白米が精米歩合90%前後ですので、日本酒がお米をどれだけ削って造られているのかわかりやすいと思います。

其れに加え「アルコール添加」しないで醸造された2種類だけが「純米大吟醸」「純米吟醸」と呼ばれます。

 

アルコール添加って何?

 

・味について

コクのある甘口やキレのある辛口と味わいが様々ある日本酒ですが、

それは一体どのように分類しているのでしょうか?

そのヒントとなるのが「日本酒度」とよばれる数値です。専用の機械で日本酒内の糖分を計測して、糖が多いほど日本酒度の数値が少なくなり「甘口」、少ないほど数値が高くなり「辛口」と呼ばれます。※実際に醸造から出荷までの間に変化するため一つの尺度となっている。

 

■日本酒の楽しみ方

日本酒の飲み方としては大きく分けて3方法があります。

 

・冷酒(れいしゅ)

・冷や(ひや)

・燗酒(かんしゅ)

 

の3つが代表的な呑み方と言われています。

 

冷酒は、近年の冷蔵庫の発達により生まれた飲み方で「冷たく冷やして飲む」方法です。

また、グラスに氷を入れて飲む「オンザロック」なども冷酒の分類に当たるでしょう。

冷や(ひや)は、名前と違い「常温」で楽しむ飲み方で、日本酒本来の薫りや味を楽しめる為もっとも多く飲まれている飲み方です。燗酒は、お酒を温めて飲む方法です。冬におでんと日本酒なんてたまらないですね。

季節や料理に様々な呑み方が出来るのは、日本酒のとても素晴らしい特徴と言えるでしょう。

→次回は「日本酒の製造工程」についてもっと詳しくお伝え致します。

美味しい日本酒はこちらからご購入出来ます↓

徳のさけ たいしょう

精米歩合40% 純米大吟醸 「徳のさけ たいしょう」

農薬・肥料不使用 徳島県 山田錦100%

特徴:洗練された透き通るキレと白百合のような華やかな薫り

合わせる料理を選ばずお飲み頂けます。

「徳の酒 たいしょう」の美味しさについて考えてみた。

どうもJP酒販のOrganic Garden~美味しい関係~EC担当です。

前回からHPやブログリニューアルを行っております。

日々、改修を行うなかで気づいたことがあります。

それはまだまだ弊社が取り扱うお酒、

お茶、お米、お水の魅力を伝え切れていないということ。

そこで今回は第一回目と称しまして

昨年11月に誕生し、各料理店でもご好評頂いている。

最高のお酒、「徳の酒 たいしょう」魅力をお伝え出来ればと思っています。

『徳の酒 たいしょう』の紹介

農薬、肥料不使用で取れた徳島県産の山田錦を精米歩合(お米を削ったもの)40%

にした贅沢な純米大吟醸酒です。

精米歩合は通常であれば、50%で純米大吟醸と呼ばれ

雑味がなくなりより研ぎ澄まされた味へ変わっていきます。

「徳の酒 たいしょう」ではそれを更に追求し40%まで削ることにより

よりクリアな味へと変化を遂げています。

香りも爽やかで優しい味わいが特徴

冷酒で飲むと一気に味が締まるので料理を美味しく引き立ててくれます。

最大の特徴として「徳の酒 たいしょう」は原料を

米と麹のみで作り上げたため香りや舌にその成分が

ひっかかることはありません。

↑↑徳島吉野川流域

徳島、吉野川流域にある田んぼにて育てられた山田錦は「農薬・肥料不使用」

太陽と土と水の栄養のみで育つため自然栽培特有の滋味のある味わいに仕上がり

少し、マニアックにいくと

日本酒にも味を数値化されたものがあり、天鷹酒造の方によると

日本酒度が+1、アミノ酸1.4、酸度1.5だそうです。

※日本酒度はもろみを絞るタイミングで計測をおこなったもの

製品の状態では実際のスペックとは異なる場合がありますが、

今回は一つの尺度として掲載いたしました。※

 

酸も辛味も少なく、柔らかな吟醸香でとても 口に馴染む味は

是非ともお試しいただきたい方がいます。

それは日本酒が苦手な方、気になるけど、日本酒を飲んでみたいという方。

鼻をつくようなツンとした匂いも、渋みも、辛味も

強いアルコール感を受けることはありません。

また酒器も一般のお猪口や片口などでもいいですが、このように

少し変わった飲み方としてはシャンパンに使用するグラスなどで香りを閉じ込め

て口に運んだ際に一気に楽しむというのも乙なもの。

ワインで言えば、ドイツのリースリングのような味わい

それぐらい気軽に呑めるので、初めて日本酒をプレゼントしたいとけど

どれがいいかわからないという方にもぴったり。

またお酒に強いひとは飲みすぎに注意です。

 

おすすめ料理

・和食

お刺し身、おひたし、白だしのお雑煮

・洋食

白身魚のポワレ、若鶏のロースト、ワカサギのエスカベッシュ(南蛮漬け)

★さっぱり系であればほとんど相性を選ばす合わせることが出来るのではないで

しょうか?それくらい食と合わせるのに適したお酒でもあります。

 

昨年の11月に誕生したお酒のため、まだまだ美味しさやペアリングなどは

無限の可能性を秘めています。ぜひ皆さんで「徳の酒 たいしょう」の美味しさ

を感じてみてください。

 

今すぐ飲みたいそんなあなたへ、

ご購入はこちらから↓↓↓

~こぼれ話~「徳の酒 たいしょう」の由来

名付け親である弊社代表の長原によるもの

「徳」島で育った山田錦が「徳」川家康が祀られている

日光東照宮がある栃木で造られたからだそうです。

★本日のまとめ★

「徳の酒 たいしょう」は優しい味で、飲む人を選ばない。

日本酒が好きな人も、そうでない人も一緒に楽しめるお酒

「季刊書籍『自然栽培』vol.17に「徳の酒 ありがとう ナチュラル」を掲載させていただきました」


いつもお世話になっております。


この度、農薬と肥料を使わないリンゴ栽培を、


実現された木村秋則さんがご監修されている


季刊書籍『自然栽培』vol.17に


Organic Gardenで販売しております、


徳のさけ「ありがとう ナチュラル」を掲載させていただきました。


『自然栽培』の編集者の方々につきましては、「農業はもちろん、


すべてのしごとのなかで、『自然』と『栽培=人の営み』を


もう一度つないでいきたい」という共通の目的で、


真摯にお仕事に励まれている印象を強く受けさせていただきました。


また、弊社とのやり取りにつきましても、


とても温かくご対応してくださいまして、スムーズに、


コミュニケーションを取らせていただきました。


本当に、感謝いたしております。


『自然栽培』のような雑誌は、


人生100年時代といわれ、ますます健康を省みる必要がある、


今の時代の日本に、本当に必要とされている書籍ではないかと考えております。


また、食品自給率が他国よりも低い、現状の日本にとって、


第一次産業である農業を活性化していくことは、非常に重要な


ことであると思っております。


「Organic Garden」を運営している株式会社JP酒販は、


今後とも、季刊書籍『自然栽培』を心より応援させていただきます。

「ありがとう ナチュラル」を掲載していただいた季刊書籍『自然栽培』


出典:季刊書籍『自然栽培』vol.17 61ページ

あけぼのを使用してつくった「ありがとう ナチュラル」
ありがとうナチュラルのご購入はこちらをクリックしてください

『おごせ茶園様からいただきました畑の写真です』


いつもお世話になっております。


本日も、良い天気ですね。


東京では、最高気温が35度と


暑い夏の時期となりました。


水分と塩分をしっかり取って、2018年の暑い夏も、


楽しみながら、乗り越えてまいりましょう。


おごせ茶園様からいただきました、生命力あふれる畑の写真を


掲載させていただきます。

農薬と肥料が不使用である茶畑


『お茶の商品ページはこちらです』

オーガニック食品研究所の管理人・自己紹介

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

こちらは「オーガニック食品の通販・Organic無農薬.net」の情報発信サイトです。

日本に少しでもオーガニックを広めていくため、こちらのブログも頑張って更新していきますね。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”オーガニック食品研究所について” ]

研究所というと難しいように感じるかもしれませんが、構えないでくださいね(^^)

もちろん「オーガニックはなぜよいのか?」「オーガニックはどこが優れているのか」ということは伝えていきたいと思っています。

ですが、それだけだと専門的なお話と、農薬・添加物の危険性を訴える記事ばかりになってしまうのかな?と感じています。

それよりもわたくしはこの記事を読んでくださっているあなたに「オーガニックはもっと身近なもの」ということを感じて欲しいと思っています。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”オーガニックは本来、身近なもの” ]

日本ではオーガニックというと「何か特別なこと」と捉えられ勝ちです。

ですが少し考えてみますと日本も100年前までは、ほぼすべてがオーガニックだったと言うことができます。

「より便利に」を追い求めすぎたあまり、現代のわたしたちは「自分のカラダへの気づかい」「食べもの本来の味」を忘れているのです。

そう考えると「オーガニックとは本来の姿に戻ること」ともいえます。

「不安に感じることもたくさんある時代だからこそ、食べるものを見つめなおして欲しい」

それが願いです。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”生産者の声を届けたい” ]

わたくしは農薬・肥料不使用にこだわっている生産者さんとお話しする機会がたくさんあります。

生産者さんから感じるのは決して肩に力が入った感じではなく「安全でおいしいものを作りたい」という純粋な気もちです。

農業は大変なお仕事ですが、みなさん活き活きとしています。

その様子と声をこのブログで少しでも多くの方に紹介していけたらと思っています。

オーガニックは「安全で健康で楽しいもの」なのです。

それではこれからよろしくお願いします。