「徳の酒 たいしょう」の美味しさについて考えてみた。

どうもJP酒販のOrganic Garden~美味しい関係~EC担当です。

前回からHPやブログリニューアルを行っております。

日々、改修を行うなかで気づいたことがあります。

それはまだまだ弊社が取り扱うお酒、

お茶、お米、お水の魅力を伝え切れていないということ。

そこで今回は第一回目と称しまして

昨年11月に誕生し、各料理店でもご好評頂いている。

最高のお酒、「徳の酒 たいしょう」魅力をお伝え出来ればと思っています。

『徳の酒 たいしょう』の紹介

農薬、肥料不使用で取れた徳島県産の山田錦を精米歩合(お米を削ったもの)40%

にした贅沢な純米大吟醸酒です。

精米歩合は通常であれば、50%で純米大吟醸と呼ばれ

雑味がなくなりより研ぎ澄まされた味へ変わっていきます。

「徳の酒 たいしょう」ではそれを更に追求し40%まで削ることにより

よりクリアな味へと変化を遂げています。

香りも爽やかで優しい味わいが特徴

冷酒で飲むと一気に味が締まるので料理を美味しく引き立ててくれます。

最大の特徴として「徳の酒 たいしょう」は原料を

米と麹のみで作り上げたため香りや舌にその成分が

ひっかかることはありません。

↑↑徳島吉野川流域

徳島、吉野川流域にある田んぼにて育てられた山田錦は「農薬・肥料不使用」

太陽と土と水の栄養のみで育つため自然栽培特有の滋味のある味わいに仕上がり

少し、マニアックにいくと

日本酒にも味を数値化されたものがあり、天鷹酒造の方によると

日本酒度が+1、アミノ酸1.4、酸度1.5だそうです。

※日本酒度はもろみを絞るタイミングで計測をおこなったもの

製品の状態では実際のスペックとは異なる場合がありますが、

今回は一つの尺度として掲載いたしました。※

 

酸も辛味も少なく、柔らかな吟醸香でとても 口に馴染む味は

是非ともお試しいただきたい方がいます。

それは日本酒が苦手な方、気になるけど、日本酒を飲んでみたいという方。

鼻をつくようなツンとした匂いも、渋みも、辛味も

強いアルコール感を受けることはありません。

また酒器も一般のお猪口や片口などでもいいですが、このように

少し変わった飲み方としてはシャンパンに使用するグラスなどで香りを閉じ込め

て口に運んだ際に一気に楽しむというのも乙なもの。

ワインで言えば、ドイツのリースリングのような味わい

それぐらい気軽に呑めるので、初めて日本酒をプレゼントしたいとけど

どれがいいかわからないという方にもぴったり。

またお酒に強いひとは飲みすぎに注意です。

 

おすすめ料理

・和食

お刺し身、おひたし、白だしのお雑煮

・洋食

白身魚のポワレ、若鶏のロースト、ワカサギのエスカベッシュ(南蛮漬け)

★さっぱり系であればほとんど相性を選ばす合わせることが出来るのではないで

しょうか?それくらい食と合わせるのに適したお酒でもあります。

 

昨年の11月に誕生したお酒のため、まだまだ美味しさやペアリングなどは

無限の可能性を秘めています。ぜひ皆さんで「徳の酒 たいしょう」の美味しさ

を感じてみてください。

 

今すぐ飲みたいそんなあなたへ、

ご購入はこちらから↓↓↓

~こぼれ話~「徳の酒 たいしょう」の由来

名付け親である弊社代表の長原によるもの

「徳」島で育った山田錦が「徳」川家康が祀られている

日光東照宮がある栃木で造られたからだそうです。

★本日のまとめ★

「徳の酒 たいしょう」は優しい味で、飲む人を選ばない。

日本酒が好きな人も、そうでない人も一緒に楽しめるお酒

「季刊書籍『自然栽培』vol.17に「徳の酒 ありがとう ナチュラル」を掲載させていただきました」


いつもお世話になっております。


この度、農薬と肥料を使わないリンゴ栽培を、


実現された木村秋則さんがご監修されている


季刊書籍『自然栽培』vol.17に


Organic Gardenで販売しております、


徳のさけ「ありがとう ナチュラル」を掲載させていただきました。


『自然栽培』の編集者の方々につきましては、「農業はもちろん、


すべてのしごとのなかで、『自然』と『栽培=人の営み』を


もう一度つないでいきたい」という共通の目的で、


真摯にお仕事に励まれている印象を強く受けさせていただきました。


また、弊社とのやり取りにつきましても、


とても温かくご対応してくださいまして、スムーズに、


コミュニケーションを取らせていただきました。


本当に、感謝いたしております。


『自然栽培』のような雑誌は、


人生100年時代といわれ、ますます健康を省みる必要がある、


今の時代の日本に、本当に必要とされている書籍ではないかと考えております。


また、食品自給率が他国よりも低い、現状の日本にとって、


第一次産業である農業を活性化していくことは、非常に重要な


ことであると思っております。


「Organic Garden」を運営している株式会社JP酒販は、


今後とも、季刊書籍『自然栽培』を心より応援させていただきます。

「ありがとう ナチュラル」を掲載していただいた季刊書籍『自然栽培』


出典:季刊書籍『自然栽培』vol.17 61ページ

あけぼのを使用してつくった「ありがとう ナチュラル」
ありがとうナチュラルのご購入はこちらをクリックしてください

『おごせ茶園様からいただきました畑の写真です』


いつもお世話になっております。


本日も、良い天気ですね。


東京では、最高気温が35度と


暑い夏の時期となりました。


水分と塩分をしっかり取って、2018年の暑い夏も、


楽しみながら、乗り越えてまいりましょう。


おごせ茶園様からいただきました、生命力あふれる畑の写真を


掲載させていただきます。

農薬と肥料が不使用である茶畑


『お茶の商品ページはこちらです』

オーガニック食品研究所の管理人・自己紹介

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

こちらは「オーガニック食品の通販・Organic無農薬.net」の情報発信サイトです。

日本に少しでもオーガニックを広めていくため、こちらのブログも頑張って更新していきますね。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”オーガニック食品研究所について” ]

研究所というと難しいように感じるかもしれませんが、構えないでくださいね(^^)

もちろん「オーガニックはなぜよいのか?」「オーガニックはどこが優れているのか」ということは伝えていきたいと思っています。

ですが、それだけだと専門的なお話と、農薬・添加物の危険性を訴える記事ばかりになってしまうのかな?と感じています。

それよりもわたくしはこの記事を読んでくださっているあなたに「オーガニックはもっと身近なもの」ということを感じて欲しいと思っています。

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”オーガニックは本来、身近なもの” ]

日本ではオーガニックというと「何か特別なこと」と捉えられ勝ちです。

ですが少し考えてみますと日本も100年前までは、ほぼすべてがオーガニックだったと言うことができます。

「より便利に」を追い求めすぎたあまり、現代のわたしたちは「自分のカラダへの気づかい」「食べもの本来の味」を忘れているのです。

そう考えると「オーガニックとは本来の姿に戻ること」ともいえます。

「不安に感じることもたくさんある時代だからこそ、食べるものを見つめなおして欲しい」

それが願いです。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”生産者の声を届けたい” ]

わたくしは農薬・肥料不使用にこだわっている生産者さんとお話しする機会がたくさんあります。

生産者さんから感じるのは決して肩に力が入った感じではなく「安全でおいしいものを作りたい」という純粋な気もちです。

農業は大変なお仕事ですが、みなさん活き活きとしています。

その様子と声をこのブログで少しでも多くの方に紹介していけたらと思っています。

オーガニックは「安全で健康で楽しいもの」なのです。

それではこれからよろしくお願いします。

オーガニック食品の通販『Organic Garden』のブログです。

はじめまして。

オーガニック食品研究所は、オーガニック食品の通販『Organic Garden』の情報発信サイトです。

「Organic Garden」では「健康を守る」をコンセプトに、「人と自然にやさしい食品」を宅配しております。

こちらのサイトは「Organic Garden」で販売している商品について、もっと詳しく知っていただくために設立しました。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–large” title=”日本はオーガニック後進国” ]

世界と比べたら日本はオーガニック後進国です。

最も遅れているといっても過言ではありません。

他国で禁止されている農薬・肥料が日本ではたくさん使用されているのです。

残留農薬が多いため、国外に輸出ができない野菜、果物があるほどです。

 

「人の健康に被害はない」と国は言っていますが、わたしたちは「絶対に大丈夫だ」と言いきれるでしょうか?

[ip5_heading type=”h2″ style=”subheader–large” title=”農薬・肥料不使用でつくる生産者はいる” ]

その一方で、日本の食に危機感を持ち、農薬、肥料、除草剤をいっさい使わずに農業を営んでいる生産者さんはいるのです。

ですが農薬、肥料不使用で栽培される農作物は大量生産ができないためなかなか一般の市場に出回りません。

[ip5_heading type=”h3″ style=”subheader–large” title=”オーガニックを広めたい” ]

『Organic Garden』はそれらの健康的な農作物・食品を掘り起し、少しでも日本にオーガニックを広めていくお手伝いをしたいと考えています。

「自然に育てられた自然な味」を是非、確かめてみてください。

いつも口にしている食品が人工的で不自然な味であることに気付くはずです。

そしてその体験をあなたの大切な人に伝えてくださればと願っています。