バリ島クサンバの塩

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

インドネシアというとバリが観光地として有名ですが、今回はまさにそのバリで取れるお塩のお話。

当サイトで紹介したロセラティーとココナッツシュガーもインドネシア産ですが、こうして見るとインドネシアは自然食品・天然食品の宝庫ですね。

バリ島クサンバの塩

こちらがバリ島、クサンバ。

この海岸に塩田があります。

塩の作り方は単純明快。

「海水を汲んで干す」

100%天然の塩です。

天候と相談しながら丁寧に海水を干していきます。

実はこのクサンバの塩、知る人ぞ知る美味しい塩で、「世界一の塩」とも言われています。

塩なのでもちろんしょっぱいですが、ほんのりした甘みがあり、深みを感じます。

このクサンバの塩はおにぎりや天ぷらにも相性ぴったり。

お蕎麦をこの塩で食べるのもおすすめです。

他にも何か合うものがあるかな?ということで・・・

ロセラティー塩を作ってみました。

同じインドネシア産のロセラハーブティーを粉末パウダーにしてクサンバの塩に混ぜてみました。

するとクサンバの塩が桜の季節にも合うピンク色に。

サラダにかけるとこんな感じ。

色鮮やかで美味しかったですよ。

これは「ロセラソルト(Rosella Salt)」と呼んでも良さそうです。

ロセラソルトは商品化未定ですが、「ロセラハーブティーのロセラはこんな使い方もできるよ~」ということで紹介してみました。

そのまま飲んでもカラダにいいロセラハーブティーですが、ジャムにしたり塩に混ぜたり、いろんな使い方ができますね。

・無農薬のハイビスカスティー・ロセラハーブティーはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です