コーシャ認証を取得した日本のお酒「徳の焼酎 もったいない」

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

今回はコーシャ認証を取得した本格米焼酎「徳の焼酎 もったいない」についてです。

コーシャ認証は日本のお酒の需要が世界で高まるにつれ、注目が高まってきている認証です。

「もったいない」のラベルの「KJ」の部分がコーシャ認証を取得した証です。

世界と比べると日本はコーシャ認証の認知度がまだ低いので、コーシャについてかんたんに説明しますね。

コーシャ認証とは

コーシャは様々な認定の中において、最も権威ある認証の一つです。

もともとはユダヤ教のカシュルートと呼ばれる厳格な「食事規定」がその語源です。

コーシャはこの食事規定で「食べて良い食品」のことを指します。

コーシャ認証を取得するには?

コーシャ認証取得には世界で最も戒律が厳しいと言われるユダヤ教のラビ(指導者)に 原材料の製造、加工品の製造工程、貯蔵庫、梱包にいたるまで、全てをその目で確かめていただく必要があります。

その結果、ユダヤ教の教義に従った食事規定を満たし、「人の口に入っても安全。全てにおいて問題がない。」と判断された場合に初めて認定がおります。

コーシャはどれくらい世界に広まっているのか?

コーシャがどれくらい世界に広まっているかですが、例えばアメリカではコーシャ専門店があるほどです。

コーシャ認証マークはもともと敬虔なユダヤ教徒が「食べてもよい食品、食べてはいけない食品」を判断するために付けられたマークでした。

しかし、近年、世界レベルで食の安全への意識が高まっていることから、一般の消費者が安全な食品を選ぶ目安として「コーシャ認証」に注目しています。

このお酒が安全だとわかってもらいたい

「徳の焼酎 もったいない」は無農薬・無肥料のお米でつくった、こだわりのあるお酒です。

その安全性を認めてもらうため、「徳の焼酎 もったいない」はコーシャ認証を取得しました。

日本人はもちろん世界中の方に自信をもって紹介できる日本のお酒です。

安全でカラダにやさしい、生産者の思いがつまったこのお酒を是非、飲んでみてくださいね。

徳の焼酎「もったいない」はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です