日本酒ありがとうの産地・徳島県に行ってきました。

こんにちは。

オーガニック食品研究所です。

2017年1月26日、日本酒「ありがとう」の産地、徳島県に行ってきました。

「ありがとう」をもっとたくさんの方に知ってほしいので、小瓶をつくろうと思い、現地で蔵元さんと打ち合わせです。

 

羽田空港から1時間半ぐらい、徳島空港到着。

早速、阿波踊りでお出迎えです。

もちろん石造ですよ~。

お米「あけぼの」と「山田錦」をつくってくださっているパートナーさんと合流し、いざ本家松浦酒造へ。

日本酒「ありがとう」をつくっている蔵元さん

徳島空港から約30分、江戸時代から続く本家松浦酒造に到着です。

真ん中に写っているのはお米をつくってくれているパートナーさん。

一通り蔵の中を案内していただきました。

蔵に入った途端、日本酒のあま~い匂いがしてきました・・・うん、飲みたい(←仕事中です)。

ここで無農薬・無肥料のお米が日本酒「ありがとう」になっているのです。

蔵の中は通年、一定の温度で保たれているそうで、ひんやり。

日本酒の質と味を保つため、細心の注意が払われているのですね。

これだけこだわってくれる蔵元さんだからこそ、日本酒「ありがとう」を任せられます。

日本酒だけど何かフルーティーな匂い。あ゛ぁ飲みたい。

 

蔵見学も一通り終わり、最後は蔵にある販売所へ。

出張、仕事中の身・・・ですが、結局、試飲させていただきました!

「うまいっ!」

本家松浦酒造さん、ありがとうございます。

今後も日本酒「ありがとう」の製造をよろしくお願いします!

ちゃんと小瓶の打ち合わせもしましたからね。

皆様にお届けできると思います。

次回は本家松浦酒造さんに一緒に行った、お米をつくってくれているパートナーさんの倉庫を訪ねたお話です。

徳島県産・日本酒「ありがとう」はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です