『おごせ茶園様のご紹介【第二回】』


生越さんは、平成5年(1993年)から、

本格的に、秀明自然農法に取り組み始められました。

土地を使用しております。

開始当初から、1983年から有機栽培を始めている

茶畑では、小動物や昆虫、微生物の種類が多くなり、

何年か時間が経過したり、放置されていた所では、

茶の木自体に抵抗力がつき、茶の木が強くなったような

気がしました、と生越さんから、ご連絡をいただきました。

茶の木の生育は、肥料でごまかしが効かない分、

周りの環境やその土地の土、そして、多様な茶の木に

合わせた管理が重要となってくるのです。

お茶を育てる畑について、生越さんは、

森や林に囲まれた山の中腹か、

頂上付近を選ばれております。

なだらかな傾斜で日当たり・風通しの良好な場所

(できる限り東向きか南向きが好ましい)を選ばれております。

次回、『おごせ茶園様のご紹介【第三回】』に続きます。


『ほうじ茶の商品ページはこちらです』


『荒茶の商品ページはこちらです』


『紅茶の商品ページはこちらです』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です